%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0コラム

令和3年再エネ補助金情報!(自家消費型太陽光&蓄電池)

脱炭素化、カーボンフリーに向けた取り組みの中でこれまでの「太陽光パネルで発電した電気を売る」時代から、

「発電した電気を自分たちで使用する自家消費型」へトレンドがシフトしています。

 

その中で、太陽光発電&蓄電池システムに対して最大6万円/kWhが支給される補助金が令和3年度より新設されます。

今回は、その補助金について詳細を解説します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●補助金名称:ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

●予算:令和2年度3次補正予算80億円から一部、令和3年度予算50億円から一部

●公募期間:春先~(最短で3月下旬~

●対象業種:民間企業・一般住宅

●対象設備:10kW以上の産業用太陽光発電システム、蓄電池システムなど

●補助額:太陽光発電設備 定額4~5万円/kW
家庭用蓄電池 2万円/kWh
産業用蓄電池 6万円/kWh
工事費 (金額未定)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ストレージパリティとは

『蓄電池を導入しないよりも、蓄電池を導入したほうが経済的メリットがある状態』

のことを指します。

 

現在の蓄電池の価格ではまだまだストレージパリティの達成には程遠いため、

上記のような補助金が設置されています。

 

また、上記の「太陽光発電設備」はパワコンを指しておりますので、

実際にはパワコンの容量に対して定額4~5万円/kWの補助となります。

 

それでは、実際にどれぐらいのメリットがあるのかを計算してみましょう!

◆計算例①◆
・導入金額の総額:約3,200万円
・太陽光パネルの容量:200kW
・パワコン容量:150kW
・蓄電池容量:30kWh
・年間発電量:211,000kWh
・自家消費による年間の電気料金削減金額:340万円

→投資回収:約9.4年(導入金額3,200万円÷電気料金削減金額340万円/年)

 

補助金を活用した場合のシミュレーションは以下となります。

補助額:パワコンの定額4万円/kW補助
600万円の補助
蓄電池容量の6万円/kWh補助
180万円補助  計780万円の補助

→導入金額:3,200万円-780万円=2,420万円
→投資回収:約7.11年(2,420万円÷340万円)

投資回収が約7年となります!

 

また、蓄電池の導入によるデマンドカット(基本料金削減)は、

電気料金の削減に見込んでおりませんので、実際にはさらにメリットが出ることが予想されます!

 

税制優遇(中小企業経営強化税制)を活用すれば、

なんと、さらにさらにメリットが出ます!(即時償却 または 7%or10%の税額控除)

いかがでしょうか。

 

自家消費型太陽光の導入に補助金や税制優遇を活用することで、かなりお得に導入ができます!

ぜひ、ご検討ください!

 

自家消費型太陽光に関するご相談は、弊社の担当の籠嶋(カゴシマ)まで

お気軽にお問い合わせください。 TEL:0776-22-1765